お返事

シオウ誕生日にコメントをいただきました。
ありがとうございます。

10周年ポーズが独特ですね、というコメントありがとうございます。
そこはやはり禍神の指導者なので・・・。

シオウ「他の有象無象とは一味ちがうのだよ!」

ちがうのです!(笑)
スポンサーサイト
line

シオウ誕生日2016&10周年!

シオウ2016&10周年

今日は偉大なる禍神の指導者シオウの誕生日。
そして10周年ポーズをとってもらいました。
line

お返事

「マモルの頭のモチーフがウィリアム・テルのリンゴである理由を教えて下さい」
というご質問をいただきました。
ありがとうございます。

玉賀必人の相棒である彼は
対となる的場マモルという名前になっています。

的と言えばウィリアム・テル。
ウィルアム・テルは弓の名手で、
子どもの頭の上に置いたリンゴを的にして射抜いた逸話があります。
そこには的に当てるという要素があり、
クラッシュビーダマンも射撃がテーマとなっているホビーで共通点があります。

だからマモルくんはりんご頭なのです。
line

エステレラ ユーロ2016 ポルトガル優勝!

ユーロ2016 ポルトガル優勝! エステレラ

エステレラ「優勝ハッピーネー!」
ユーロ2016ポルトガル優勝おめでとうございます!

今大会でも見せてくれた
クリスチアーノ・ロナウドのゴールパフォーマンスを
エステレラに。
背番号を見せつけ、オレがロナウドだ!と言わんばかりの
ポーズなのですが、エステレラだと背番号が見えない・・・。

エステレラ「ノン、ノン。問題ないネー!
オレがハッピー♪ それが全てネ。オっブリガード♪」
line

ポルトガル優勝

エステレラ「ポルトガル優勝ネー! やったネー!!」
御塚井「おめでとうー!」
青丸「よかったね、エステレラ!」

鬼島「一切負け惜しみを言わず敵を称えるとは・・・」
黒羽「天使か、こいつ」
綺羅「それにひきかえ・・・」
ソナタ「ククク・・・次は外さねえ・・・。必ず当てて世界をオレの前に・・・」
天草「なにをする気やねん!?」

ユーロ2106はポルトガルが優勝しました!
うおおー!当たったー!

クリスチアーノ・ロナウドは早くに負傷交代するなど
苦しいところもありましたが、それでも
クリスチアーノは代表での初タイトルです。
おめでとうポルトガル!おめでとうクリスチアーノ・ロナウド!

後日エステレラのポルトガルおめでとうイラストを描きます。
お楽しみに!
line

ユーロ2016決勝は・・・

ユーロの決勝はポルトガル対フランスとなりました!

ヒカル「無敵艦隊・・・無敵艦隊が・・・」
美濃田「あー、スペインは結構早く沈んだだな」
鳥駆「今回はジャイアントキリングがたくさんあって面白い大会だったぜ。フフフ・・・」
飯田「ウェールズのベスト4はすげーうれしかったっス!」
ソナタ「ちっ。ドイツめ」
御塚井「ケガ人が多かったしね
黒羽「そう言いつつ御塚井のフランスは残ってるじゃん」
御塚井「えへへ」
エステレラ「そうネー!オレのポルトガルと最後の勝負ヨ~!」


アイスランドとウェールズの躍進、優勝候補の脱落と
今回のユーロは波乱の多い大会という印象ですが
個人的には波乱ではなく実力通りの結果だな、という印象です。
弱いと言われる国も力をつけてきているし、
たとえテクニックや個々の能力で劣ってもシンプルに自分たちにできることを
しっかりやる、そういうチームが勝ち上がってきたと思います。

ポルトガル対ハンガリー

イングランド対アイスランド

ウェールズ対ベルギー

これらの試合はまさにその象徴のような試合でした。

それでもやはり一番優勝に近いと思っていた
ドイツとスペインの敗退は少し驚きましたが。

そして来ました、ポルトガル!
最初の二試合を引き分けた時はどうなることかと思いましたが。
グループリーグでとにかく運がなく、苦しんできたポルトガルが
決勝トーナメントで一気に運を味方につけた感があります。
そして優勝候補の一つであるフランスはある意味順当に勝ち上がってきました。
フランスW杯の時といい、フランスは自国開催で強いですね。

苦しんで勝ち上がり、逆に運を味方につけたポルトガルの優勝か、
フランスが勢いのまま自国優勝を飾るのか、
決勝は7月10日。楽しみです。
line

ナナ七夕2016&10周年!

ナナ七夕2016&10周年!

「今日は7月7日!あたしの日!
ああ、ついでに10周年だったわね」

七夕の織姫ナナです。
そして10周年ポーズも。
line

お返事

「ソナタの背番号が9なのは第九の他に聖帝の背番号の名残りもあるのでしょうか?」
という質問をいただきました。
ありがとうございます。

ソナタの背番号はベートーベンの第九からで
聖帝時代の背番号は特に関係ありません。

ただ全部を断定してしまうと
含みや想像の余地を排除してしまって、
漫画自体が味気ないものになってしまうのではないかと思います。
なのでその辺りは個人個人で
自由に解釈してもらえればうれしいです。
line
line

FC2Ad

line
プロフィール

ふっとぼーる

Author:ふっとぼーる
FC2ブログへようこそ!

line
最新記事
line
カレンダー
06 | 2016/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
line
カテゴリ
line
最新コメント
line
月別アーカイブ
line
FC2カウンター
line
最新トラックバック
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line